HOME > Blog > 「研修内製化のニーズ」

研修内製化のニーズ

7月7日~9日に開催されたヒューマンキャピタル2010に出展いたしました。

セミナーにお越しくださった皆様、
ブースにお立ち寄りいただいた皆様、
足を運んでいただいて、ありがとうございました!

これまでにトレーナー養成ワークショップ・ブートキャンプに
ご参加くださった方が、元気ですか?と立ち寄って、
その後の様子を聞かせてくださったり、

様々な課題やニーズを持っている方からお話をお聞きできたり、と、

とても有意義な3日間でした。

そんな中で強く感じたこと。

それは、企業の研修の内製化のニーズが高まっている、
ということです。

これまでは外注していたけれども、
費用をおさえる意味でも、内製化するように会社から言われている、

もしくは、

なんとなく社内の人が教えてはいるけれども、
きちんと体系化したプログラムを効果的に教えるようにしたい、

といったケース。

以前、私が働いていた外資系企業では、
当然のように社内の人がトレーナーをしていました。

トレーナーとして教えることは、
上の役職になれば、避けて通れないことでした。
しかも、かなりの質が求められます。

内製化のメリットは、
*教えることによって、教える人もより成長する
*社内の英知が継承できる
*企業文化の醸成に強力な役割を果たす
*リーダーが自らお手本を見せることができる

などなど、本当に大きなメリットがあります。

教える人は、教える内容に関して経験があり、
その分野に精通し、長けていることに加えて、
プログラム作成や教えるためのノウハウやスキルが必要です。

そのプログラム作成や教えるノウハウが
社内に不足している場合にご提供しているのが、
弊社の研修内製化支援、です。

ボブ・パイク氏の手法で、
研修内製化をご支援し、
企業の知と文化の継承がお手伝いできれば、と願っております!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です