HOME > Blog > 「探しているものしか見えない」

探しているものしか見えない

以前いた勤務先で学んだ言葉に、

What you find is what you look for.

というものがありました。

『探しているものしか、見えない』

意識を向けているものは見えるけれども、
意識していないものは、視界に入っていても気づかない。

例えば、
自分が飼っている犬は、よく目につきます。
車を買おうと思い、車種を決めたら、急にその車が街中に増えたかの
ように目につくようになります。
それは急増したわけではなく、自分の意識がそこに向いたからです。

どんなビジネスパーソンになりたいか。
どんなリーダーになりたいか。
どんな組織にしたいか。
どんなチームにしたいか。

・・・改善、成長のためのアイデアや、理想を思い描く。

そんな場合にも同じことが言えるのではないでしょうか。

自分の思い描いたものは、達成される可能性がありますが、
思い描く以上のことが達成される可能性は低い。

ということは、何を思い描くか、
つまり、何を『探す』かがとても大切なわけです。

過去の体験や、既知のものを基準にするだけでは、限界があります。
いかに自分の枠から飛び出して思い描けるか。
その枠を広げるために、何をするか。

新年に向けて、私自身も考えたいテーマです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です