HOME > Blog > 「『一方的な講義スタイル』にひと工夫」

『一方的な講義スタイル』にひと工夫

新入社員研修の企画をしている方も多いのではないでしょうか。


新入社員研修では、社内・社外の様々なご専門の方にお越しいただいて、

講義をしていただく場面も多いものと思います。


そんな時、悩ましいのが、「いかに一方的な講義を減らすか」ではないでしょうか。

 

自分自身が講師であれば、いろいろ工夫し、
グループワークを取り入れたりして、参加型にしようと工夫していらっしゃったとしても、、

そういった他の講師の方を招く場合、
1時間ぶっ通しの講義」だったり・・・しますよね。

しかも、立場上、口をはさむことが難しいこともあるでしょう。
 

でも、あきらめてはいけません!

 

講義中に、話を聞いてメモを取るだけではなく、

話を聞きながら個人で進められる『ワークシート』を用意しましょう。

 

ワークシートに書くワークは、いろいろ考えられますが、

*正誤問題: 講義の内容を聞いて、正しければ、間違っていればX

*用語チェック: 専門用語リストから、出てきた用語に丸をする

 さらに、その説明文リストから、用語の意味と合うものを結び付ける

*クイズ: 講義内容に関する簡単なクイズ

*穴埋め: 講義内容を関する穴埋め問題

などなど・・・。

 

講義を聞きながら、ワークシートを同時進行させてもらい、

講義が終わってから、グループでリーダーを決めて、答えを全員で確認、

その後、解答・解説、とするととてもいい復習になります。

 

工夫次第で楽しいゲーム感覚を採り入れることも、いろいろできます。
寝てる人がいない、しかも、大切なポイントはしっかりキャッチしてくれている、
充実の研修を目指して、工夫をなさってみてください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です