HOME > Blog > 「時間どおりに終了する」

時間どおりに終了する

時々クライアントの担当の方に言われるコメントに、

「中村さん、必ず時間ピッタリに終わりますよね。」

というのがあります。

研修終了予定の時間を過ぎることが、ない、ということなのですが、
私にとってはそれは決して破ってはならないルールの一つです。

でも、そうおっしゃるということは、
おそらく、時間どおりに終わらない研修がある、ということなのだと推察しています。

研修は、時間通りに終わりましょう。
それは参加者との約束であり、約束は守らないといけません。
あえて言わせていただくと、それは「当たり前のこと」です。

ただし、講師と参加者が合意の上で延長する場合は、この限りにはありません。

研修終了予定時刻になると、
自分が参加者だと、どんな気持ちになりますか?

終わる、と思っている時間なので、
当然、「終わってほしい」ですよね。
電話、次のミーティング、メール対応、次のアポ、帰宅、と、
気になることが多くあり、研修の続きに100%集中することは難しいはずです。

であれば、延長して、講師が話し続けても、
その時間に見合う効果は期待できません。
汗を流して話しても、ムダなのです。

研修の時間配分、時間管理テクニックについては、
原理原則に基づいて綿密に企画・運営しているので、
とてもブログでは紹介しきれませんが、
時間が足りなくなってしまった時の大原則としては、大きく2つだと考えています。

1. 内容に優先順位をハッキリさせておいて、当日の進行状況によって加えるもの、削除するものを明確にしておく
2.デリバリーのテクニックを駆使し、ワークの時間を短くする方法を用意しておく

2は、例えば、グループワークの後の発表の仕方の工夫です。
各グループから発表してもらう際に、ポイントは1つだけ発表、かぶっている内容は言わない、という運営ルールにする。
あるいは、6グループあったとしても、3グループだけ発表してもらい、他のグループには、何か追加したいことがあればどうぞ、というふうにする。
グループディスカッションはグループ内の人数が多いと時間がかかるので、早く終わらせたいときは、ペアで話すようにする。
などのテクニックを使うことで、テンポを良くし、ダブりをなくす工夫ができます。

もっと知りたい方は、ぜひ、弊社で開催している
「トレーナー養成ワークショップ」にお越しください!
http://d-hc.com/1-s-train.html
(めずらしく、宣伝してしまいました・・・。)

研修終了時刻になって、
「すみません、あと10分だけ時間ください。では今日のポイントをまとめます。・・・」
と汗を流しながら話している講師、
早く終わって欲しいな・・・と気もそぞろな参加者。

この光景が日本から少しでも減らすことが、私の役割だと思っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です