HOME > Blog > 「年の瀬に思う、ワークライフバランス」

年の瀬に思う、ワークライフバランス

大晦日ですね!
皆さまどんな風にお過ごしでしょうか。

突然ですが、私は個人的に「ワークライフバランス」という言葉が好きではありません。
「バランス」が必要という考えの根底には、
「ワーク」と「ライフ」が対極にあるもので、
だから「バランスが必要」ということだと思うのですが、
・・・そうでしょうか?

「ワーク」=「仕事」と、「ライフ」=「個人の生活」「プライベート」は、
対極にあるものではない方がいい、と私は思います。

確か2年前のASTDカンファレンスで、どなたかがおっしゃっていました。
その方もワークライフバランスという言葉が好きではなく、
「work life integration」がいい!と。
Integration=統合、つまり、自分の仕事が自分の人生そのもの、といったニュアンスでしょうか。

いいこと言いますねー!と感じたのを覚えています。

「自分の仕事が自分の人生そのもの」なんて言うと、
仕事人間、つまらない人生、と捉えられることが多い気がしますが、
私はそうは思いません。

自分自身が仕事を通じて社会に貢献していること、
それこそが自分の存在意義であり、
それが自分にとって、人生の中で最も大きな意味をもつこと、生きがいだとしたら、
それはとても素晴らしいことだと思います。
もちろん、仕事で充実できるのは、
それ以外のことでもハッピーであるからこそ、ですし。

私の師匠のボブ・パイク氏がいつも言っていることなのですが、

「リタイアの予定は?とよく聞かれるけれど、リタイアしたいと思ったことがない。
だって、リタイアしたいと思う人は、仕事以外に自分が本当にやりたいことがあって、
それをするためにリタイアして残りの人生を楽しみたいわけでしょ?
私の場合、今の仕事こそが、自分が本当にやりたいことがなので、
リタイアする意味がない。」と。
ボブは、64歳です。

私自身も、本当にやりたいことに出会え、
「ワーク」と「ライフ」を切り離すことなく、
おかげさまでとてもいい状態で仕事をすることができています。

I love what I do – ASTDカンファレンスで、よく聞く言葉で、大好きな言葉です。

今年1年、I love what I do という気持ちを持ち続けながら仕事できたことに、
心から感謝している大晦日です。

今日は、年越しのタイミングで毎年行っている、1年の棚卸をしようと思います。
昨年決めた目標に対してどうだったかを振り返り、
翌年の目標や大きな計画については概要を決める、というシンプルなものです。

仕事についてだけではなくて、
健康、家族や友人、自分自身の成長、趣味・旅行、わんこたち、
など、大切なこと全分野に関してのものです。
「ワーク」も「ライフ」も、全部です。
来年も、I love what I do でい続けられますように!

皆さま、どうぞ、よいお年をお迎えくださいませ!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です