HOME > Blog > 「「~していない」ことの代償」

「~していない」ことの代償

以前受けたコーチングのワークショップで、
「コーチングしていないことでかかっているコスト」を計算してみよう、という演習がありました。

「コーチングを行う」ことでかかるコスト、は、すぐにイメージがつくと思います。

コーチングを行う方の時間、コーチングを受ける方の時間。
コーチングスキルを学ぶ時間に、学ぶための費用。
さらに、コーチングを行うことによって、部下が出すビジネスの成果。

でも、逆に、コーチングを行っていないことでかかっているコストは?というのです。
コーチングで解決すべき課題をそのままにすることによる、

機会損失
モチベーション低下
生産性低下

そういったものを、数字にしてみたらどうなるか?です。

忙しくて、部下にじっくりコーチングをする時間がない・・・
などという上司の方には、とてもインパクトのありそうな演習ですね。

コーチング以外のトピックにも応用できそうです。

少し話がそれますが、最近、「英語が使える」かどうかがネックになるお話に
いくつか関わる機会がありました。
ビジネスを英語でできるだけの英語力があるかどうかです。
それが不十分なために、失っている機会というのも、かなり大きいはずで、
そして将来それはますます大きくなる一方だと思います。

英語は苦手・・・ とおっしゃる方は残念ながら多いですが、
英語が使えないために何を失っているかは膨大だと思うのです。
でもご本人はもしかしたら、その事実に気づいていないか、
あるいは、目をそむけているように思うこともあります。

もし、部下にそんな方がいらっしゃったら、
上記の演習を一緒になさってみてはいかがでしょうか。

ぼんやり考えるだけではなく、書き出してみるとかなりのインパクトが期待できると思います!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です