HOME > Blog > 「「なんでこんなこともわからないの?」「だって教えてもらってません」な体験」

「なんでこんなこともわからないの?」「だって教えてもらってません」な体験

昨日、パートナーとのランチタイムのこと。
レトルトのカレーを、ご飯ではなく、豆腐にかけて食べる、というので、豆腐をレンジでチーン。
「レンジ終わったよー。これ、カレーかけていいの?」
「うん、いいよ」
・・・ 「え?水分捨てなかったの?」
あ・・・ 普通、捨てるよね、電子レンジで出た水分、と思ったけど、
「だって、確認したら、いいって言われたもん!指示がなかった!」
・・・まるで、絵にかいたような『デキの悪い部下』のセリフを言ってみました。
「まぁ、確かに・・・ でも普通、捨てるよね・・・」

今日、パートナーが出張に行くというので、朝、バタバタと外出。
直後に電話がかかってきて、
「ごめん、ネクタイ忘れたから、ベランダから下に投げて!」
「え?投げるの?どれ?」
「青系の、どれでもいいよ。」
あわてて選んで、ベランダから・・・ 投げます!

ヒラヒラヒラ・・・・ パラッ・・・。
え?まさか?

ここは7階、ネクタイは5階のベランダの手すりに・・・ (>_<)
はぁ??というあきれた表情と、深い、捨て去るようなため息とともに、
新幹線に乗り遅れては行けないので、歩き去ってしまう彼。

うーん、縛って投げるべきだった・・・ 
いや、袋に入れて落とせばよかった・・ (>_<)
でも、悪気はないし、わざとなわけもないのに、そんな顔しなくてもいいじゃん!
と思いつつ、「ごめんなさい」とだけ、LINEでメッセージしてみました。

そしたら、「普通、縛って投げるよね、でも、指示しなくてごめん。」

まるで、『デキの悪い部下』の育成方法を学んだ上司!!

「なんでこんなこともわからないの?」 という、典型的な「ダメなセリフ」ですが、
それを言う上司、言われる部下の気持ちをすごーく強く実感した出来事でした。

そして、『デキの悪い部下』なりに考えて、
この部屋と思われる部屋の玄関と、1Fの共同玄関に
「ネクタイを見つけたら702の中村のポストにお願いします!」 と貼り紙をしておいてみました。
そしたら、今日、帰宅したら、ポストにコレが!!

どなたかわかりませんが、ご丁寧に袋に入れてポストに入れてくださっていました。
ありがとうございます!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です