HOME > Blog > 「「個人」と「職業人」の両面」

「個人」と「職業人」の両面

今日、情報のファイリングをしていたら、
何年か前のボブ・パイク・グループのカンファレンスに出たときのノートが目につきました。
その年のボブの基調講演のノートでした。

講師である私たちの、講師としての側面と、
講師である前に、個人として、人間としての側面の話でした。

目の前にマッターホルンのような美しい山が見えている。
これが自分の姿だとする。

3818_-_Riffelberg_-_Matterhorn_viewed_from_Gornergratbahn

そのふもとには湖が広がっている。
その湖には山が映っている。

396px-Matterhorn_Riffelsee_2005-06-11

 

湖面に映った山もまた自分の姿である。

それは基本的に一体となっているので、切り離せるものではない。

講師としてはとても「良い人」なのに、
プライベートで見せる姿はそうではない、というのは成り立たない。

さらに、
「講師としての自分を高めることで、個人としての自分がより”良い”人になるか?」
もしくは、
「個人としての自分を高めることで、講師としての自分に反映されるか?」

おそらく、前者ではなく、後者であろう。

講師としてのスキルを磨くことは大切だし、
そのために今日ここにいるひとは、このカンファレンスに参加している。

でも忘れてはいけないのが、その前に、人間としての自分を高めなければ!

というような内容のノートでした。

話は少しズレますが、「ワークライフバランス」という言葉は好きではないんですよね。
その言葉、「ワーク」と「ライフ」は別々のものだという前提の考えですよね。
「ワーク」は義務で「ライフ」こそが自分のもの、とまでは言わないかもしれませんが、
なんとなくそんな響きに私には聞こえます。

そびえたつ山も、湖面に映る山も、
どちらも強く美しく輝く山でありたいなぁ・・・。

と、ノートを読み返して、襟元を正す気分でした!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です