HOME > Blog > カテゴリー「育成のヒント」

カテゴリー「育成のヒント」

研修前に学ぶ焦点を明確にする

この写真を5秒間ご覧になってください。   家族が買い物をしている風景に見えましたが、 写真を見ずに下記の質問に答えてみてください。 男性が何人、女性が何人いましたか? どういう順序で並んでいましたか? 紙袋は…

[続きを読む]


正しい理論を正しく活用すれば、うまくいく!

自己流ではなく、 経験値からだけの判断ではなく、 正しい理論を正しく活用すれば、物事はうまくいくものだ、 と感じたことが、最近2つ続きました。 自分の経験や、自己流で進めようとしてもうまくいかなかったことが、 理論を学び…

[続きを読む]


Assume Positive Intent

Assume Positive Intent. 相手には何か前向きな意図があるはずだと考えよう。 以前勤務していた会社で、 異文化コミュニケーションやダイバーシティについての研修を担当していたときに学んだこの言葉が 今で…

[続きを読む]


ボブ・パイク・グループのカンファレンス参加報告

2016年9月28日~30日にミネアポリスで開催された、 第23回 クリエイティブ・トレーニング・テクニック・カンファレンスに参加してきました。 今年のカンファレンステーマは、 A Journey Beyond Bord…

[続きを読む]


ボブ・パイク・グループのカンファレンス 初日

 The Bob Pike Groupのカンファレンスが始まりました。 9月28日~30日の3日間、ミネソタ州ミネアポリスで開催されています。   今年の基調講演は、Elaine Biech氏です。 Elain…

[続きを読む]


記憶に残すコツ:関連付ける

記憶することだけが学習の目的ではありませんが、覚えてもいないことは実践につながりにくいのも事実です。例えば、「そういえばなんかそんな研修に参加したのは覚えているけど、何を学んだのかはさっぱり覚えていないなぁ・・・」という…

[続きを読む]


学習の第5段階の難しさ

学習のプロセスについて、ボブ・パイク氏によると、5段階あります。「クリエイティブ・トレーニング・テクニック・ハンドブック」第3版のp31~p32から引用すると、以下の5段階です。 1.意識していないし、できない2. 意識…

[続きを読む]


KSA – 何を教えるのか?

研修の企画、インストラクショナルデザインを行う際に大切なことの一つが、何を教えるのか?という分析です。今日は、K(Knowledge 知識)、S(スキル)、A(Attitude 態度・姿勢)という一般的なフレームワークを…

[続きを読む]


「イマドキの若者は・・」

いつの時代でも聞く言葉だと思いますが、「イマドキの若者は・・・」という表現。この「・・・」の部分には、普通、ネガティブなことが入ります。 例えば、「打たれ弱い」「ハングリー精神がない」「根性が足りない」「チャレンジ精神が…

[続きを読む]


客観的に、全体像を捉える

組織開発の世界で昔から使われているたとえ話に、象の一部だけを見て、あるいは、触って、どんな動物なのかをイメージする、というものがあります。     象の体全体が見えない状況で、例えば、前足だけ見た人は…

[続きを読む]


1 / 712345...最後 »