ダイナミックヒューマンキャピタル > サービス > 職場を楽しくするTOOL BOX > ハーズバーグの二要因理論の「動機付け要因」を強化

職場を楽しくするTOOL BOX A TOOLBOX TO CREATE A FUN WORKING ENVIRONMENT

ハーズバーグの二要因理論の「動機付け要因」を強化

アメリカの臨床心理学者、フレデリック・ハーズバーグの二要因理論によると、仕事における満足度は、「ある特定の要因が満たされると上がり、不足すると下がる」というものではなく、「満足」に関わる要因(動機付け要因)と「不満足」に関わる要因(衛生要因)の、2つの別の要因によって決定されます。
02_tool_box_01

不満足に関わる要因と満足に関わる要因

「不満足」に関わる要因・・・【衛生要因
仕事の不満足に関わるのは「管理監督の方法」「報酬・評価制度」「対人関係」「作業条件」など。人は、これらが不足すると職務不満足を引き起こします。ですが、これを満たしたからといって、満足感につながるわけではなく、不満足を予防することしかできません。

「満足」に関わる要因・・・【動機付け要因
仕事の満足に関わるのは、「達成すること」「承認されること」「仕事そのもの」「責任」「昇進」など。人は、これらが欠けていても職務不満足を引き起こすわけではありませんが、これらが満たされてはじめて満足感を覚えるのです。

「え!?お給料が良いだけじゃ満足しないものなんですか!?うちはお給料が良いのに離職者が多くて不思議に思っていたんだ」「そうなんです。不満を防ぐことはできますが、それと仕事の満足とは別なんです 達成することや、自分が認められているって日々感じることは、とても重要なことなんですよ!私は、この「動機付け要因」を強化するプログラムなのです!」
前へ topへ 次へ:楽しい職場の構成要素とは? >