1. HOME
  2. Seminars / Events
  3. 講師のためのファシリテーションツール研修 2020年6月4日(木)

講師のためのファシリテーションツール研修 2020年6月4日(木)

講師のためのファシリテーションツール研修 Art of Facilitation

効果的な学びの場を創りだし、目指すゴールへ
導けるようになりたい!!…という方に

「参加者主体」の研修を実現するには、コンテンツをわかりやすく伝えるプレゼンテーションスキルとともに、学びの場を創りだしゴールへと導くファシリテーションスキルが不可欠です。この研修は、ファシリテーションスキル・ツールについて学び、実践練習する1日研修です。

トレーナー養成ワークショップの受講の有無に関わらず、どなたでもお申込みいただけます。

お問い合わせはこちら!!
話し合ってください! シーン

こんな方に

  • 伝えるだけではなく、より効果的にグループを導くことで研修の成果を高めたいとお考えの講師の方
  • 研修においてのファシリテーションスキルを向上させたい講師の方

ファシリテーションスキル研修のねらい

  • 講師のファシリテーターとしての役割を確認し、ファシリテーターに必要なスキルを討議する
  • 効果的な質問テクニックで参加者を導くスキルを練習する
  • 対応が難しい参加者への対応を検討する
  • グループワークやディスカッションに応用できるファシリテーションツールを練習する

内容
1. 「ファシリテーション」とは?

  • ファシリテーターの役割とは何か?
    ファシリテーターに求められる役割、様々な場面においてすべきことを検証する
  • ファシリテーターに必要なスキル
    ファシリテーターに必要なスキルを検証し、自分自身の現状確認を行う

【使用する手法】講義/ディスカッション/ブレインストーミング/親和図法

2. ファシリテーションテクニック

  • より効果的な質問に変えよう
    話が発展しやすい質問と、しにくい質問
    どういう質問を投げかけると、考えを促進し話が発展するかを検討する

【使用する手法】グループワーク

  • 学びを引き出す質問の投げかけ
    体験ワークの振り返りを効果的に行う質問を練習する
    事実確認 → 何を感じたか →
    その意義・重要性 → 学び、アクション
    対応が難しい参加者への対応
    対応が難しい参加者のタイプとその対応について討議する

【使用する手法】参考資料/グループディスカッション/フィッシュボール/フォースフィールド分析

3. ファシリテーションのツール

  • グループワーク・グループディスカッションのインストラクションの出し方
  • 様々なファシリテーションのツールの特徴と使い方
  • 親和図法、ファシリテーターのスキルチェックリスト、フィッシュボール、フォースフィールド分析など、ここまでの内容を学ぶために使ったツールについて解説

【使用する手法】講義/間違いさがし

  • 自分自身の研修・セミナーへの活用に向け、ファシリテーションを使う練習

【使用する手法】スキル練習

過去の参加者の声 はこちら

 開催内容

日 付: 2020年6月4日(木)
時 間: 9:30 ~ 17:30
会 場:

フクラシア東京ステーション
https://www.fukuracia.jp/tokyo/access/

講 師: 中村 文子 ダイナミックヒューマンキャピタル株式会社 代表取締役
言 語: 日本語
参加費用: 1名 66,000円 (テキスト代込み)

お申し込みはこちら

今後の講座

今後の講座 | 講師のためのファシリテーションツール研修