研修内製化支援

企業文化醸成、ノウハウ継承、競争力強化。
「市販の研修」では教えられないことを、
「研修内製化」で可能にしませんか?

企業文化醸成、ノウハウ継承、組織の競争力強化のキーとして注目されている「研修内製化」を、講師養成の世界的権威、ボブ・パイク氏のノウハウを駆使して支援いたします。
理論に基づくメソッドと、40年以上の実績に裏付けられた手法による、以下の3つの分野からのサポートです。

  1. コンテンツ開発
  2. インストラクションデザイン作成
  3. 社内講師育成

具体的なご支援内容は、ヒアリングをさせていただき、フルカスタマイズでご提案いたします。まずはお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちら!!


内製化か外注か?を考える

1.大前提は、「研修が解決策になる」こと
内製化か外注かを考える前に、研修を企画する大前提は、直面している課題が、部分的にでも研修によって解決できるものであることです。他のアプローチ(採用、配置、上司からのコーチング・指導、制度、組織開発など)が必要な場合は、研修だけ実施しても解決にならないので、まずはこの分析が大切です。

2.内製できる内容であること
非常に高い専門性を求められる内容で、社内にその専門家がいない場合は、内製化は適しません。(例えば、法的なこと、最先端テクノロジーなど。)

3.費用対効果
長期的に見て費用対効果が期待できない場合は、外注と比較して十分検討する必要があります。例えば、一度きりのニーズで将来的には必要のないコンテンツであったり、短期間に非常に多くのリソースを必要とする場合などは、外注の方が適しているでしょう。

研修内製化のメリット

1. 人を育てる企業文化醸成と組織力強化
まず、社内講師に選ばれた方が、「教えること」を通じて成長し、より優れたリーダーになることが期待できます。そして、「教えること・育てることは仕事の大切な一部である」という大きなメッセージの発信になり、人を育てる文化の醸成につながります。

2. 求めている人材像の明確化
市販の研修にはない、自社ならではの研修を開発していく作業を通して、自社で求めている知識やスキルを明確にしていくことができます。

3.社内で育成する文化が競争優位性を向上
明確化された「自社ならではの」知識やスキル、コンピテンシーを社内講師がお手本となり、目指すべき先輩像として具現化します。人材開発に重要な意味を持つ「ロールモデル」の存在が、組織文化を醸成し、自社の競争優位性を高めていきます。

4. コスト効率
研修開発・講師養成に初期投資は必要ですが、長期的には社内講師が教えることで、外注で支払うコストをおさえ、研修費用の削減に貢献します。

内製化の成功に必要な3つの分野からの取り組み

「自分ができる」ことでも、「それを人に教える」ためには別の能力が必要です。「社内で、社員が、社員を教育する」研修内製化の成功のカギを握るのは、「伝えるべきノウハウの持ち主」を「教える能力のある人」に育成すること。ダイナミックヒューマンキャピタルは、講師養成の世界的権威であるボブ・パイク氏の「クリエイティブ・トレーニング・テクニックTM」のノウハウを活かし、組織の中に存在するノウハウ、スキル、コンピテンシーを継承できる形にし、「市販の研修」では得られない、内製化ならではの成果を実現するために、下記3つの分野からの取り組みをトータルにサポートいたします。

1. 企画・開発
組織内に存在する知識・スキル、強み、継承していきたいこと、醸成したい組織文化。それらを特定し、ニーズ分析し、研修で扱う内容を選別し、デザインしていく。

2. 講師養成
社内で教える人を選定し、教え方を学んでもらい、講師の質を高める。

3. 仕組化と運営を行うこと
人事制度などとうまく連動させながら、研修がやりっぱなしにならないような仕組み化を行い、研修の効果測定を行いながら運営していく。

研修内製化支援の流れ 1.ニーズ分析 ヒアリングなどを通して、現状の課題やニーズを分析します。2.研修企画 ニーズ分析を元に、研修の目的、内容、手法等の企画を立てます。研修の前後のしくみ構築を含め、包括したプラン設計をいたします。3.研修作成または改訂 企画に応じた研修を作成します。研修コンテンツが社内に存在する場合は、それを活かして改訂を行います。4.社内講師養成 社内で講師となる方に『参加者主体の研修手法』を学んでいただきます。目安として10名以上の場合は、「トレーナー養成ワークショップ」を社内開催、10名以内の場合には、公開講座にご参加いただきます。5.研修プログラムの教え方習得 1~3で作成したプログラムの具体的な教え方を習得していただきます。4で学んだ研修手法を使い、社内で講師ができるようにサポートします。

TRAINING

研修内製化基本ステップセミナー

詳細

参考事例:
ソフトバンクグループ様が研修内製化の取り組みが評価され、「第20回 Pike’s Peak Award」を受賞されました。

詳細

メディア掲載:
研修内製化の成功のコツについて、ボブ・パイク氏と中村のインタビューが「人材教育」2014年3月号に掲載されました。

詳細

お問い合わせはこちら!!
次へ:導入事例 >