ダイナミックヒューマンキャピタル > トレーニングカンファレンス2014

『参加者主体』トレーニングカンファレンス2014

トレーニングカンファレンス2014

おかげさまで無事に終了いたしました。
開催報告のブログはこちらです。

日時:12月5日(金) 9:30~19:00
講師:Bob Pike  The Bob Pike Group 名誉会長
中村文子 ダイナミックヒューマンキャピタル株式会社
山村祐里江 ダイナミックヒューマンキャピタル株式会社

2013年に初開催した「トレーニングカンファレンス」は、今年第2回目の開催となります。

このカンファレンスは、人材育成に関わる方が集い、共に学び、情報共有していただき、ご自身の研修・セミナーの価値・効果を高めていただくための場です。トレーナー養成においては40年以上の実績を持ち業界を牽引するボブ・パイク・グループのカンファレンスからのコンテンツを提供で、明日から使えるノウハウが学べます。また、大規模なイベントで圧倒されたり、周りの人とあまり話す機会がなかったり、名刺の数だけが増えたりする交流会ではなく、参加している方同士が気軽に話しやすい環境で、本当に意味のあるネットワークができる場に、ぜひ足をお運びください!

ミネソタ州ミネアポリス郊外に本拠地を構える、ボブ・パイク・グループ。厳しい選抜基準をクリアーして選ばれた人材だけのボブ・パイク・グループの講師陣は、様々な業界での人材育成・組織開発の経験を積んだのち、コンサルタントとして活躍している人たちです。そこで毎年9月に開催されるカンファレンスには、楽しくかつ効果の高まる研修の手法を学び、実践したいという想いを共有できるトレーナーが世界各地から集まってきて、充実した3日間を過ごします。目指すものにお互い共感し、共通言語があり、フレンドリーな雰囲気の中で多くの学びを得るカンファレンス - そんなカンファレンスで行われるセッションを日本でも学んでいただけるチャンスです。

第2回目の今年・・・・

  • ボブ・パイク氏の来日・参加が確定しました!!
  • 皆さまが参加しやすいように、昨年の1.5日を1日に凝縮!
対象

◎社内・外、企業・学校を問わず、講師として「教える」立場にある方
◎研修・セミナー・授業の方法改善、教えるスキル向上を目指している方

※「トレーナー養成」をビジネスとなさっている講師・コンサルタントの方のご参加はご遠慮いただけますようお願いいたします。

目的

◎研修・セミナー参加者の学びを最大化するために、そのデザインや手法の意義、参加者とのコミュニケーション方法など、
講師に必要な知識・スキルを学び、自身の研修・セミナーへの応用を検証する。
◎より効果的な研修・セミナー・授業を行うための手法を学び、その活用方法を検討する。

カンファレンス概要

 トレーニングカンファレンス 2014

日 時: 12月5日(金) 9:30~19:00
講 師: Bob Pike
The Bob Pike Group 名誉会長

中村文子
ダイナミックヒューマンキャピタル株式会社 代表取締役
The Bob Pike Group 認定マスタートレーナー

山村真砂子
ダイナミックヒューマンキャピタル株式会社
トレーニングコンサルタント
The Bob Pike Groupトレーナー養成プログラム認定講師

場 所: 東京YMCA国際ホテル専門学校 2F
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-18-12
アクセス:

東京メトロ東西線/JR山手線/西武新宿線 高田馬場駅徒歩7分
東京メトロ副都心線 西早稲田駅徒歩3分
参加費用: 通常価格 54,000円

*価格は税込み、昼食、レセプション参加費用を含む
*同時通訳あり

トレーニングカンファレンス2013の様子

カンファレンスセッションの内容

セッション1
9:30~11:00
担当:
ボブ・パイク

「ストーリーテリング」

素晴らしいストーリーはいつまでも人の記憶に残ります。研修の中でストーリー(事例、体験談など)を効果的に活用することで、研修の大切なポイントと関連付けて記憶してもらうことができるのです。あなたにしか語れないストーリーを見つけ、それを研修の中で語る~ストーリーテリング~の手法を学びましょう。ボブ・パイク氏はスピーチに長けた人に贈られる称号を持つ数少ない現役のスピーカーです。そのノウハウを直接学ぶ機会です!

セッション2
11:15~12:45
担当: 
中村文子

「信頼関係を構築する」

トレーナーにとって大切なことの一つが、参加者に響く、ということです。このセッションでは、参加者との信頼関係や、安心して学べる環境を築くための、コミュニケーションの4つの原則を紹介します。そして皆さんご自身がどんなメッセージをいつ発信すれば良いかを学び、その活用方法を検討します。

ネットワーキングランチ
12:45~14:00
ご参加の皆さまにはあらかじめ所属チームをお知らせします。そのチームに分かれ、担当DHCトレーナーとともに、情報交換しながらのランチタイムです。

セッション3
14:00~15:30
担当:
山村祐里江

「参加者を巻き込む20の方法」

参加者を巻き込む様々なテクニックを一緒に学びましょう!この90分のセッションでは、楽しみながらもきちんと学びのポイントを得ることのできる、20のアクティビティを体験していただきます。

セッション4
15:45~17:15
担当: 
中村文子

「根拠のある学習方法 ― 真実か伝説か」

従来の方法を踏襲して、あるいは経験値・感覚値から選んでいる研修の手法。それは本当に学びをサポートしているでしょうか?実は目的に反していたり、学びを阻害している、なんてことは起きていませんか?このセッションでは、学習にまつわるリサーチや科学的な根拠に焦点を当て、研修の場においての応用・活用を検討します。

クロージング&レセプション
17:30~19:00
このカンファレンスで得たものは?今後の研修にどう活用していくのか?ともに考え、共有しましょう!
2014年のボブ・パイク・アワードの授与式および受賞企業の実践事例の共有を行います。この賞は、ボブ・パイクの『参加者主体』の手法を取り入れ、実践し、成果を出してくださっている企業様に対して贈る賞です。
ご参加の皆様はもちろん、ボブ、弊社メンバーとの、軽食をつまみながら、楽しい交流の場をお楽しみに。

 2013年のトレーニングカンファレンスの様子

「トレーニングカンファレンス 2013」の初日の様子
カンファレンス開催報告はこちら↓

http://www.d-hc.com/blog/2014/01/1724

トレーニングカンファレンス2013の様子

「トレーニングカンファレンス2013」参加者の声

参加者の声 *学びに集中できる2日間でした。参加者の方々との交流時間もたくさんあり、満足度も高かったです。

*参加型で楽しい学びの環境でした!皆様お疲れ様+ありがとうございました!!

*たくさんのアイディアを湧き出させることができました。あとは実践あるのみですので、出会えた方々とシェアしつつ、自分のモチベーションもキープできるようにしたいです。

*実践的な内容で明日からすぐに使えるものばかりであった。また、講師としての姿勢・あり方について学ぶことができ、大変有意義でした。

*今年2月にTTTを受けたのにほとんど忘れていて、反省したのと、古典的な手法に戻っていた自分に反省しました。やりたいことは職場の人たちと一緒に受けて、共有したい。

*参加者主体のトレーニングの重要性を再度体感しました。自分が陥りやすい落とし穴にも気づき、今後の自分自身のパフォーマンスをアップしていくことに役立てていきます。心より感謝もうしあげます。

*改めて気づきや学習の機会になりました。また、現場で実践したいこともありますので、来週からすぐに活用していきます。

*楽しく濃密な学びの時間をありがとうございました!さらにしっかりと実践に落とし込んでいきたいと思います。

*社内にいると自分のやっていることはどれほどのことなんだろうと感じてしまうことがあります。メーカー企業グループにいて、ものはつくらない、技術を提供するワケでもない存在価値って?社内にいる必要はないのでは?みたいなことです。今日はこういう疑念を払うことができました。トレーナーという仕事の魅力を改めて実感しました。

*自分自身のスキルアップは後回しにしてしまいがち。この場に参加することで、一緒にもっと学びを深めたいと、自分はまだまだ伸びしろがあるので、努力しようと思えました。

おかげさまで無事に終了いたしました。