HOME > Blog > 「“Unlearn(アンラーン)” 」

“Unlearn(アンラーン)” 

学ぶ = learn
その逆で、”unlearn”。

学んだことを白紙に戻す、というような意味です。

新しい知識やスキルを習得することと同様、
いえ、もしかしたら、それ以上にUnlearnは大切で、かつ、時にとても難しいものです。

今までの自分の考え方、行動パターン、やり方、をいったん白紙に戻し、
新しいパターン、スキルを身につけるということなのですが、
新しいスキルを習得するにあたり、これまでのスキルを発展させるのではなく、
これまでのやり方をやめる、ということなのです。

例えば、
部下と話をする際に、部下の話を聴く、引き出す、というより、
ついつい自分がしゃべりすぎてしまう上司が、
コーチングスキル研修で、「傾聴」「共感」「質問」などのスキルを学んだとします。

そういったスキルを学んだとしても、
「ついしゃべってしまう」ということを止めなければ、
質問スキルを使ったとしても、やっぱり自分が「しゃべってしまう」のです。

その場合、
これまでのその人のパターンである「自分がしゃべる」ということを
Unlearnしてから、新しいスキル「傾聴」「共感」「質問」を習得しなくてはいけない、

ということなのです。

そのUnlearnが時に難しいのは、感情面に働きかける必要があるときでしょう。
自分のこだわり、ポリシー、自信・・・
これまでの「自分のやりかた」を白紙に戻す、というのは、
そう簡単にできることではありません。

ですが、
Unlearnしない限り、新しいスキルを練習して上乗せしようとしても、
残念ながらうまくいかないことも多いのではないでしょうか。

新しいスキルの習得と同様、
これまでのやり方・考え方をunlearnすることにも目を向けてみませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です