HOME > Blog > 「ボブ・パイク・グループのカンファレンス参加報告」

ボブ・パイク・グループのカンファレンス参加報告

2016年9月28日~30日にミネアポリスで開催された、
第23回 クリエイティブ・トレーニング・テクニック・カンファレンスに参加してきました。

今年のカンファレンステーマは、

A Journey Beyond Borders

日本で12月2日に開催する「トレーニングカンファレンス2016」でも、
「限界を超えて行こう!」という、同じテーマを設定しています。

3日間にわたってのカンファレスは、
初日が4コマ14セッション、2日目も4コマ18セッション、
3日目は2コマ6セッションで構成されていました。

参加者は全体で約200名。
今年は海外からの参加が少なくて、
韓国から2名とサウジアラビアから1名、日本からの私たち二人、でした。

ボブ・パイクの参加者主体の研修理論と手法を学び、実践している人を
「プロフェッショナルトレーナー」として認定する制度があります。
全世界で300名ほどが認定されていて、加えて日本からも、
こんなに多くの皆様が認定を取っていらっしゃいます。

14489045_1210313988990874_793216340_o

 

ご興味ある方は、詳しいご案内がこちらにあります。
プロフェッショナルトレーナー認定のご案内

初日の様子は先日ブログにアップしました。こちらです。
http://www.d-hc.com/blog/2016/09/3469

2日目に参加したセッションには、
日本で12月2日に開催する「トレーニングカンファレンス2016」で
紹介する予定のセッションが2つありました。

一つが、「習得度合を測る確認クイズの作成」 。
カークパトリックのレベル2を実践するためには、
研修前と研修後に、同じクイズ(テスト)を行って、
研修による習得度合いを測定する必要があります。
その確認クイズ(テスト)の作り方についてのセッションです。

ひっかけ問題や採点しにくい問題ではなく、
理解度がきちんと把握できる「良い問題」を作るコツを学びました。

もう一つが「お絵描き」です。
研修会場に貼るアジェンダやウェルカムボードなど、
チャートにちょっとした絵があると、会場の雰囲気が和みます。
でも「絵は苦手」だと思い込んでいる講師の方が多いのではないでしょうか。
そんな苦手意識(限界)を超えて、
次の研修で描いてみたくなるような、楽しいセッションでした。

これはセッション中の風景です。

14550623_1210314385657501_1096254963_o

 

いい年をした(失礼!)経験豊富なトレーナーの皆さんなのですが、
あまりに真剣なその表情と、
やっていること(子どもでももっと上手に描けそうな絵を描いている・・失礼!)の
ギャップに、思わず笑ってしまいました。

3日目に参加したセッションで、
「トレーニングカンファレンス2016」で紹介する予定なのは、
「テーマ性を持たせる」というセッションでした。

パーティやイベントにテーマが設定されているものはよく見かけますが、
同様に、研修にもテーマを設定しようというのです。

人は、すでに持っている知識と関連付けることで情報の整理がしやすく、
長期記憶として定着しやすいので、
研修にテーマ性を持たせることで、そのメリットが期待できるのです。
純粋に、楽しい、緊張が和らぐ、発想が広がりやすい、
などといったメリットもあります。

14536730_1210313792324227_288700010_o

 

どんな研修でどんなテーマが考えられるかをブレインストーミングしたり、
実際に行う予定の研修のテーマを具体化したりして、
これもすぐにやってみよう!と思ったセッションでした。

これ以外にも、
Y世代(日本ではゆとり世代などが該当)の特徴と、
それが研修や人材育成に与える影響を考察するセッションや、
1対1での指導を行う際の中点や工夫について掘り下げるセッション
などがおもしろかったです。

12月2日の「トレーニングカンファレンス2016」で紹介する予定の
セッションの中には、正直言って、
私たちもまだきちんと実践できていないものもありました。
例えば、「理解度を測定する確認クイズ」や、「研修にテーマ性を持たせる」
などがそうです。

ですが、テーマが「限界を超えて行こう!」なので、
これから12月2日までにいろいろ実践してみて、
実例をご紹介できるよう、自分たち自身をストレッチしたいと考えています。

このカンファレンスの良いところは、
例えばATD(Association for Talent Development)のカンファレンスと比較すると、

トレーナーがトレーニングの効果を上げるという点に焦点が定まっていることです。
規模が大きすぎなくて居心地が良いこと、
そして何より、研修でより大きな成果を出すための「参加者主体」の手法、
という共通言語があることです。

ボブ・パイク・グループのカンファレンスは、
2006年に初参加して以来、今回で10回目の参加でしたが、
今年も学びを皆様と共有する機会を楽しみにしています。

12月2日(金)「トレーニングカンファレンス2016」に、
ぜひお越しください!

まだまだお申込み受付中です!

詳細およびお申し込みはこちらからお願いします。
http://www.d-hc.com/training-conference2016

カンファレンス最終日の朝、ホテルから見えた日の出がきれいでした!

14488919_1210314002324206_1068798327_o

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です