HOME > Blog > 「研修中のBGMについて」

研修中のBGMについて

研修中に使うBGMについて、
選曲や、使い方のコツなどを書きたいと思います。

まず、選曲について。

基準として、
1. 言葉が入っていない曲
2. 何かを連想するような曲ではない曲
3. 著作権違反にならないこと

という点を考慮して選びましょう。

言葉が入っていると、どうしてもその内容に気を取られ、
集中を妨げる要因となってしまいます。
音だけのものを選ぶようにしましょう。

そして、テレビのCM、ドラマのテーマソング、などに使われていて
よく知られている曲は避けましょう。

以前、私が参加したあるセミナーで、
とてもよく知られているビールのCMで流れている曲が
BGMでかかりました。

夕方5時前だったこともあり、
あ、もうそんな時間?と、
周りの参加者の方と笑いながら話したことがあります。

また、著作権の心配のないクラシック音楽であっても、
とても有名な曲を使うと、
例えば、昔、その曲を演奏したり合唱したりした思い出を
連想してしまい、集中の妨げになる恐れがあるので、
避けた方がいいでしょう。

使い方として、お勧めしたいのは、
* 個人ワークの時には、BGMはかけない
* グループワークの時には、かける

という区別です。

個人ワークの時にBGMをかけると、気が散る、という人が
少なからず、いらっしゃいます。
私もその一人です。

かける場面としては、
* 朝、1日の始まり
* ディスカッションなどグループワークの際
* 休憩時間
* 終了時

などの場面が考えられます。
その時々の場面に合った雰囲気の曲を選びましょう。

音楽を使って実感できる効果としては、

* 沈黙が少なくなる、ディスカッションの活性化
* 隣のグループの話声が音楽で遮断され、自分のグループの話に集中できる
* 音楽が止まると、終わりの時間が近いという合図になる
* ボリュームの大小で、会話のボリュームに影響を与えられる

などです。

ご参考までに、上記の条件を満たし、かつ場面に応じた選曲の、
ボブ・パイク氏のスペシャルセレクションCDがあります。
http://www.bobpikegroup.com/apps/store/web/view/profile/itemid/14457/default.asp

BGM、効果的に使いたいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です