1. HOME
  2. ブログ
  3. 「ラーニングテクノロジーを活用した参加者主体の研修手法ワークショップ」第1回目を開催しました

「ラーニングテクノロジーを活用した参加者主体の研修手法ワークショップ」第1回目を開催しました

2020年1月23日 ユームテクノロジージャパン様との共同開催で、
「ラーニングテクノロジーを活用した参加者主体の研修手法ワークショップ」第1回目を開催しました。

参加者主体の研修手法は、参加者が主体的に学びに関わることで、
学んだ内容を記憶に定着させ、理解や習得をサポートし、職場での実践につなげ、
ビジネス上の成果を出してもらうことを目指しています。
そのためには、参加者全員を巻き込む必要があります。

参加者を巻き込む、といってもグループディスカッションや、グループワークだけがその手法ではありません。
そこにラーニングテクノロジーを活用したら、どんなことができるでしょう?

また、「研修はイベントではなくて、プロセス」です。
集合研修の内容だけをデザインするのではなく、効果・効率を高めるためには、
研修のBeforeとAfterも含めた、プロセスとしてのデザインが大切です。

事前学習や、事後課題。
Eラーニングやレポート提出ももちろん良いのですが、
そこにもUMUのラーニングテクノロジーは大きなメリットがあります。

そんなこんなを、参加者として体験するだけではなく、
実際に自分が講師を務める研修で何ができるかを考え、コンテンツを作り、
さらにそれをUMUを使って実際に作ってみる、というワークショップでした。

18名の方にご参加いただきました。
こんな風に、

皆さんそれぞれが自分のコンテンツに落とし込んで、作る、というシーンもあれば、

こんな風に、対面研修ならではのアクティビティもあり・・・

AIがフィードバックしてくれる動画演習もあり・・・

盛りだくさんの1日でした。

私たちにとっても初の試みでしたので、皆さまにご満足いただけるよう準備を進めてきました。

アンケート(これももちろん紙ではなくUMUを活用!)では、
全体的な満足度は 4.8/5.0
役に立つ内容だった 4.8/5.0
この研修を他の人にも勧めたい 95%の方が「そう思う」と回答
という結果でした。

以下、お勧めの理由の抜粋です。
〇本ツールを自ら体験することで、参加者主体の研修について理解が深まりました
〇実践的な参加者主体のUMU講座作成が学べるから
〇他の講師を担当する人にも体験してもらいたいから。
〇経験→気づき→理論も体験できるし、提供する重要性の腹落ちが早いから。
〇参加者主体の研修の概要とUMUの使用方法が学べるから。

UMUのメンバーとのコラボレーションは、
皆さん良いものを提供したいというエネルギーにあふれていて、とても楽しかったです!
このメンバーがいたからできた!と思います。ありがとうございました。

そして、次の開催は2月19日(水)です。
今回の経験からの気づきや学びを活かして、さらにパワーアップさせる所存です。
詳細とお申込みはこちらからお願いいたします。
https://www.d-hc.com/seminars/learning-technology-20200219/

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

Features ~主なご支援内容~

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最新の記事